海外挙式にかかる費用とは

>

海外挙式にゲストを招く場合には

ハネムーンを兼ねて

海外挙式は、ハネムーンを兼ねて行く場合が多いようです。
式は2人であげて、そのままハネムーンを楽しむ流れだとスムーズだからです。

パーティーなどは帰国してから改めて行う場合がほとんどで、その場合には挙式の写真やムービーなどの演出ででゲストをおもてなしします。

海外での挙式にゲストを招く場合には、旅費は一部負担するのか、全額ゲストのほうで負担してもらうのかなど、悩ましい問題も出てきます。
国内挙式であれば、当日のやむを得ない欠席などもゲストの負担にはなりませんが、海外挙式ではそうもいきません。

何かトラブルがあった場合の負担も考慮して、2人での挙式を選ぶことも少なくありません。
2人での挙式の場合は、ハネムーンを兼ねているため、予算的に節約になるというメリットもあります。

にぎやかなパーティーをするなら

海外挙式でゲストを招く場合、それぞれの両親と兄弟、可能であれば仲の良い友人などに来てもらう事も多くあります。
家族や仲の良い友人であれば、旅費などは自分持ちで来てくれる事でしょう。

家族や友人に囲まれての海外挙式はこの上なく幸せなものになるでしょう。
お披露目のパーティーは帰国後として、現地では美味しいレストランなどで家族や友人と気のおけない時間を楽しむ事が多いようです。
挙式と食事以外の時間はフリーの時間として楽しんでもらう事も大切です。
両親が海外に慣れていない場合は、楽しめるようなエスコートも忘れずに。

2人の祝福のために、海外まで来てくれた事への感謝の気持ちをきちんと伝え、一部旅費を負担するのも良いでしょう。


この記事をシェアする