海外挙式にかかる費用とは

>

海外挙式が人気の理由

挙式にかかる主な費用は

海外で挙式する場合、場所にもよりますがおおよそ50万から100万程度となります。

内訳としては、まず挙式料がかかります。
これは会場となるチャペルなどの使用料や牧師さんの手配にかかる費用などです。
他にはウエディングドレスやタキシードなどの衣装代やヘアメイクなどに費用がかかります。

挙式料は20万円後、衣装、メイクなどにかかる費用は30万前後はかかると考えておきましょう。

旅行会社のプランによっても価格はそれぞれなので、急な変更などを避けるためにも概算だけでなく内訳を確認しておくと安心です。
ウエディングドレスも着替える回数によって予算が変わってくるでしょう。

またドレスに関しては、好きなデザインのものを購入するという人もいるでしょう。
その場合にはドレス持ち込みが可能であるかを確認してプランを立ててもらいましょう。

オプションにかかる費用

オプションとして人気なのが、写真撮影とムービーの撮影です。
写真はフォトブックやアルバムにしたり、ムービーはDVDやブルーレイにします。

挙式の様子だけでなく、景色やゲスト、新郎新婦のバックヤードなど、様々な角度から思い出を切り取ります。
おおよそ15万前後の予算ですが、どの程度撮影をするかで値段も変わってきます。

チャペルまで距離がある場合などはリムジンでの送迎もオプションプランとなります。
2〜3万前後のところが多いようですが、ゲストが多い場合は車の台数も増え、予算も増します。

オプションを多くつければ50万を超える予算になることもありますが、やはり写真とムービーはオプションに付ける場合が多いようです。


この記事をシェアする